Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】大企業あるある!? 無茶な指示を部下に納得してもらうには?

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、通信会社で課長職を担うヨッシーさんのケース。大手企業の縦割り組織のなかで、どうチームのモチベーションを上げていくのか。自分なりのマネジメントや心の整理の方法を見つけ出した経緯を教えてもらいました。

 

ニックネーム:ヨッシーさん(40代)
◆職種:通信会社のマーケティング部
◆部下の数:5人
ファッション業界を経て、通信会社へ。営業、商品企画、販促、PRやSNSまであらゆるマーケティング・コミュニケーションを担当しながら、現在に至る。効率性(せっかち)とマルチタスク能力を活かして、残業はしない、有給はがっつり取るON/OFFメリハリのワークスタイルを貫いている。

 

その指示の意図は?と上司に聞いても「いいからやって」「○○さんの指示だから」

社長や経営層の考えや社内、競合の情報を収集しているほうだとは思いますが、それでも急に想定していない指示が落ちてくる場合がある。上司に指示の経緯や実施の理由を聞いても「いいからやって」と。たまにあるのが、上の人の名前を使って「あの人がOKを出してるから進めて」とか(苦笑)

そんな一方的な指示をどうやって部下に伝えて、モチベーションを維持し、パフォーマンスの高い仕事してもらうか、悩みますよね。

そのまま「やって」では、部下はすごく悩みます。_______________ 

 

 

 

 

 

 

share
page top