Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】自分はがんばるのが当たり前、部下は定時が当たり前。こんなとき、どうする?

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、印刷会社の営業部のマネージャーであるイチコさんのケース。自分は仕事が好きで、水を飲むように仕事をするタイプ。一方、部下は、仕事は定時で終わるのが当たり前というスタンス。チームのリーダーとして、仕事へのスタンスの違う部下をどうまとめていくか。イチコさんがたどり着いた「私についてこい!」タイプとは違う、リーダーの在り方を聞きました。

 

ニックネーム:イチコさん(40代)
◆職種:通信印刷会社の企画営業
◆部下の数:0人(かつては5人)
就職情報を取り扱う広告代理店に新卒入社した後、知り合いからの誘いを受けて印刷会社に勢いで転職。持ち前の楽観主義と鈍感力を武器に、前のめりでキャリアを築いてマネージャーに。5年前に出産し、現在はマネージャーの肩書きのままプレイヤーとして時短勤務中。

 

新入社員として入ってきた4人は仕事へのスタンスが全然違う! ……マネージャーとしてどうまとめる?

私は、仕事をするうえで、「これはイヤだ」と思わないタイプ。仕事量が120%までオーバーしていても、それが当たり前だと思ってしまうんです。仕事がしんどくて辞めたいと思ったことは一度もなく、私にとって働くことは水を飲むことのように自然なこと。つまりは、仕事が好きなんですよね。だから、仕事へのスタンスが違う同僚や部下に対しては、「もっと働いてほしい」と思ってしまうこともありました。

今から10年ほど前、印刷会社の営業としてマネージャーになったとき、女性の新入社員4人が部下として入ってきたんです。

上司=リーダーというと、どうしても「引っぱっていくタイプ」を想像しがちですよね。私も最初、そういうタイプをマネしようとしました。でも、やってみてすぐに断念(笑)。「私が全部決めるから、ついてきて!」というのは、私に合わないと気づきました。

そして、4人の新入社員をメンバーに迎えて目の当たりにしたのは、「自分はがんばれるけど、みんながみんなそうではない」ということ。仕事へのスタンスが、ぜんぜん違ったんです。ある部下は、「就業時間が過ぎたら、仕事をする理由はない。だから、仕事は終了するのが当たり前」と_______________ 

 

 

 

 

 

 

share
page top