Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】人生初のリーダーを任されたけど、スキルも経験も自信もなくて空回り! こんなとき、どうする?

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、製薬会社の営業職(MR)8年目のミハルさんのケース。営業職と兼務で入った会社のCSRイベントチームで、11人のメンバーをまとめるプロジェクトリーダーを経験。はじめてリーダーという立場を任され、どうプロジェクトを進めていけばいいのか。迷って、立ち止まって、投げ出した結果見えてきた、リーダーとしてやるべきこと・あるべき姿も語ってくれました。

 

ニックネーム:ミハルさん(20代)
◆職種:製薬会社の営業(MR)
◆リーダーを担当したチームの人数:11人(CSRイベントチームのメンバー)
新卒で製薬会社に入社し、地方勤務を経て、現在は都内の病院やクリニックを車でまわって営業をする日々。基本的に楽観主義で、人生に新しい刺激を求めて「なんとかなる」の精神で挑戦。持ち前の前のめりの姿勢で、もう1段階グレードが上がれば管理職というポジションに。

 

なんとかなる精神で挑戦したけど、「もう、無理!リーダーはできません!」と伝えることに……

私は、営業職の傍らで、会社のCSRイベントチームにもボランティアで参加していました。活動に参加して、3年目にチームリーダーを任されることになったんです。前任のリーダーが私を推薦してくれたので、「経験したほうがいい」というメッセージだと受け取りました。

ただ、私には、これまで部下を持った経験もないし、部活などでもリーダー的な存在の経験もなし。年下の人と関わるような経験もなく、“誰かを引っぱっていく”ということをしてこなかったんです。だから、リーダーとしてチームを引っぱるスキルに自信はないし、チームの引っぱり方もわからない。しかも、メンバーは年上の人ばかり。うちの会社は、年下の人が部下になるようなパターンが多いので、珍しいことではありません。

さらに、当時はコロナ禍で、全国各地にいるメンバーとの打ち合わせは、基本はオンライン会議。対面より意思疎通がしづらいオンラインでチームビルディングしながら、CSRのイベントをつくっていくという難しいミッションでした。_______________ 

 

 

 

 

 

 

share
page top