Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

【F30プロジェクト】前例にこだわる上司のせいで新しいことができない! こんなとき、どうする?

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、IT企業のプロデュース部でプロジェクトリーダーとして働く、カズエさんのケース。若い世代の提案を「前例がない」と一蹴してしまう上司に、カズエさんがとった思い切った行動とは? また「部下は同僚」と言うカズエさんが実践する、リーダーの在り方を聞きました。

 

ニックネーム:カズエさん(40代)
◆職種:IT企業のブロデュース部
◆部下の数:8人
マスコミ関係の仕事などを経て現職へ。正義感が強く、不正が行われると許せないし、理不尽なことをする人には納得できないタイプ。周りの人も自分も働きやすい環境に整えることが、仕事をする上でのポリシー。

 

「前例がない」という上司のフィルターで、若い世代の提案が却下……。プロジェクトリーダーとしてどうする?

IT企業のプロデュース部で働いています。あるとき、当時所属していた部署の部長が新たに部署を作り、私もそこに入って開発寄りの業務をすることになったんです。新部署には前部署時代からの古参メンバーと、他部署の若手メンバーが集められました。

私や若手メンバーは、これはチャンスだと思い、新しい体制を立ち上げるための企画を考えたんです。斬新ではありましたが、若手も先輩にもメリットがある、わりとよくできた企画だったと思います。

しかし、部長に提案したところ、企画の一部分を指して「前例がない。」という理由で却下されました_______________ 

 

 

 

 

 

 

share
page top