Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【生声直送!すっぴんライフ】ヘトヘトで帰って来た夜、お風呂に入る!?(調査34)

女子部員たちのココロをハダカにして無意識な気持ちを探る「すっぴん調査」。今回は…ヘトヘトになって帰ってきた女子が迫られる、苦渋の選択がテーマ!「お風呂? 歯磨き? それともダイブ to お布団?」前回の「寝る時にブラジャーつけてる?」に引き続き、女子のナイトライフに潜入シリーズ、その2です!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)いわた)

 

 

Q.どんなに疲れて(酔って)帰ったとしても、お風呂(シャワー)は入る派?

 

(回答者数 42人) (2017年5月20日 第4回すっぴん調査会+WEB調査にて)

 

 

<すっぴん結果>

実態はともかく、なかなかどうして、女子はキレイ好きだった?

 

アンケートの回答結果では、疲れて(酔って)帰って来た時でも「お風呂に入る/入る時の方が多い」と「入らない時の方が多い/入らない」女子、おおよそ半々くらいでしたが、「ほんと〜?」と更に蓋を開けて覗き込むのがすっぴん調査!
すると、やはり数だけでは分からない、女子の心模様がじわじわと見えてきました…。実は、多くの女子は「なるべくならお風呂に入りたい」ようなのです。それではみなさんのコメントを見てまいりましょう〜!

 

 

「必ず入るんだからっ」派にとって、お布団は聖域?

 

絶対入る。汚れたままお布団に入れない。菌がつきそうと思っちゃう。半年に一回くらいしかお布団洗わないからこそ、あんまり菌がつかないようにと思っている。枕にはタオルをまいてる。(かおりさん)

 

 

そのままお布団に入りたくない。(編集部員・あり)

 

 

ベッドに入る時は、全部キレイにして入りたい。どんなに酔って帰っても、お風呂には入る。昼寝をするときもベッドカバーの上でブランケットとかかけて寝てる。(かおりさん)

 

 

お酒を飲む場所は、タバコの煙が体に付くことが多いから。(すずまるさん)

 

 

その日の厄落としだから。できたら湯船まで!(みすずさん)

 

 

キレイにしてから寝たいからです。(葉月さん)

 

 

汚れたまま寝るのが嫌だから。(あんじゅさん)

 

 

2歳の子供と入る。お母さんはどうでもいいけど、子供のために洗う。(しほさん)

 

 

肌が荒れるので…。(ゆうさん)

 

 

 

最近女子部JAPAN(・v・)のTwitterでアンケートをしているので、そこでも「お風呂事情」について質問してみたのですが、「疲れていたら(疲れていなくても)朝風呂派」と答えた方は全体の20%で、残りの80%は、ちゃんとお風呂に入ってから寝るとのこと!(なんと104票も回答頂きました、ありがとう!)
女子たちのなんとも女性らしい一面を垣間見ました。むー、ワタクシも、お布団はキレイにしておきたいし、本当はちゃんと色々リセットして寝たいとは思っているのですが…。「お風呂に入って血行を良くしてから寝た方が疲れも取れる」なんて聞いたことがありますし…。でもでも…ということで、「入る時の方が多い」方の意見を聞いてみましょう!

 

 

 「入る時の方が多い」けど、
無念、不可抗力というものがあるのです

 

お風呂に入った後で寝巻きになってからでないとベッドに入らないと決めているので。でも、ぐでんぐでんになっていると、リビングで寝てしまっていて結局朝方お風呂に入ることも。(編集部員・さかい)

 

 

たまに寝てしまうけど、キレイにしてから休みたいので。(まいさん)

 

 

ベッドには入るけど、着替えもせずにバタンキュー。(けいこさん)

 

 

酔っている時はそのまま床で寝てしまうことが多い。(アキさん)

 

 

寝るときも翌朝もなんか気になるから、お風呂には入りたい。せめてシャワーは浴びたいという願望が強い。(編集部員・おおき)

 

 

仕事が徹夜で体調しんどい時は倒れて寝る。(あやぺさん)

 

 

気づいたら寝落ちしてる時以外は、毎日の習慣として入っている。(編集部員・いのうえ)

 

 

次の日が仕事なら頑張って洗うけど、休みなら入らない。顔だけパシャパシャする。(夜桜さん)

 

 

朝に目覚めて、化粧などがそのままだと、がっかりするし、肌にも悪そう。でも、疲れて帰った日は、寝落ちしてしまい、朝シャワーも多い。(編集部員・いその)

 

 

スッキリして寝たいので。(なつきさん)

 

 

酔っぱらいすぎだと、とにかく早く寝たいから。(ぱくちゃんさん)

 

 

入らないと体が痒くなって良く眠れない感触がある、けどどうしても無理な時も。(編集部員・いわた)

 

 

そんなときは翌朝もぐったり&バタバタなので、入って気持ちよく寝たい。べろべろだとお風呂で寝てしまってキケンなので入らない。(編集部員・たけだ)

 

 

 

「入る時の方が多い」と回答した女子たちですが、コメントを見ると、入れなかった時の「お風呂…入れなかった…!」という、落ち武者のような無念さが滲みまくり…! 飲み過ぎたり忙しすぎて遅く帰った翌朝は、目覚めた瞬間から、二日酔いだったり、疲労感が残っていたりするもの…。
鏡を見ればマスカラが貼り付いていたり、身体がベタベタしたり、不快指数はMAX。その上「あ〜これからお風呂に入って活動開始せねば…」というミッションまで抱えていたら、前日の自分を呪いたくなりますね…。それでは、入らない時の方が多い女子は、もう少し割り切れているのでしょうか…!?

 

 

「入らない時が多い」女子、
なかなか諦めがよろしいでしょう◯

 

運が良ければお風呂に入るけど、家にたどり着けただけでも、ありがたい。朝、シャワー浴びて、歯を磨く。(なっしーさん)

 

 

疲れたら寝ちゃう。我慢できないと布団に入っちゃうから、朝お風呂に入る。午前1時以降に入ると近隣の方に迷惑な気がしたり…。(マユコ。さん)

 

 

疲れるとなんか休みたいと思ってしまいます。(きらりさん)

 

 

そんな体力ないです…メイクは落とします…。(なちょすさん)

 

 

朝入ればいいから。(まいさん)

 

 

入りたいと思いながら、気がついたら寝てしまっている。(ゆきさん)

 

 

家に着くと電池切れでとにかく気絶することが多いから。(マツさん)

 

 

だいたい気持ち悪いから入る余裕がない。(めぐみさん)

 

 

疲れている時に、フロ入ると目が覚めてしまうから。(みほこさん)

 

 

とにかく眠いから入らないほうが多いかな。でも夏はやっぱりちょっとベタベタするので、入る日もある。その場合はシャワー。朝は必ず湯船に浸かってます!(部長・こばなみ)

 

 

 

「入る時の方が多い」と「入らない時の方が多い」という選択肢があったとき、どっちに丸をつけるかの境目、もしかすると現実の頻度よりも、気持ちの問題で、「なるべく入りたい」の“粘る派”と「疲れてるなら仕方ない」の”諦め派”によって分かれているのでは!?
結果的にお風呂に入れなかった場合には、「入りたかったのに〜」という落ち武者の無念さを抱えているよりも、いっそ「いやはや、無事家に帰れて良かったワ」くらいの方が、サラッと気持ちの切り替えは出来そうです。

 

 

「入らない」女子、
たいへん諦めがよいでしょう◎

 

家までは死ぬ物狂いで帰って、ドアまではきちんと閉めるけど、ベッドにたどり着いた瞬間、寝てる。着替えよりも歯磨きを優先。メイクもそのまま。(しずかさん)

 

 

面倒だからメイクも落とさず寝る事も。汗(candyさん)

 

 

めんどくさい。(あさみんさん)

 

 

お風呂に入るまでの気力がない。メイクも落とさず、部屋着にだけ着替えて寝る!(編集部員・うちの)

 

 

寝る時間を確保したいので化粧だけは落として、気づいたら電気もつけっぱなしで寝オチしてることがほとんどですね…。(編集部員・ともい)

 

 

朝風呂派なので。(まさゆきさん)

 

 

 

「寝ることを第1に考える」から「もともと朝風呂派」(Twitterのアンケートでも8%を占めました)の女子たち、潔く「入らない」と言い切るだけあって逆に、「メイクは落とす」「歯磨きはする」「着替えはする」など、めいめいのこだわりが明確に見えました。ワタクシ自身は、どれほど限界でも、歯磨きして、コンタクトレンズを外して、ベッドにいくまでは自動運転モードが発動するのですが、これも一種のこだわりとも言えるのかもしれません…。

 

 

「みんな本当は、お風呂に入りたいのです」

今回の「どんなに疲れて(酔って)帰ったとしても、お風呂(シャワー)は入る派?」という質問に対して、4つの回答を準備したのですが、どの回答を選んでいたとしても「朝風呂派!」以外の女子たちの多くは、「本当は寝る前に入りたいのだけど…」と思っていることがひしひしと伝わってきました。

ワタクシがかつて手塚治虫の『火の鳥』を読んでいた時に、未来の世界で、人間が洗濯機のような機械で、ざぶざぶ全自動で洗われて(もちろん何らかの仕組みで呼吸はできる)、お風呂終了☆ という場面があって、「そんなんでちゃんと洗えてるのかな」という不信の眼差しを送っていたのですが、最近になって「そこまでちゃんと洗えてなくてもいいから、実在したらいいのになあ」なんて思っています。

なにもかもが全自動になってしまったらもちろん味気ないでしょうけれど、お掃除ロボット、食器洗い機、全自動お風呂、が次世代三種の神器になる日も来るかもしれませんね…。いや、むしろ機械じゃなくても「妖怪あずき洗い」ならぬ「妖怪メイク落とし」がいて、疲れて眠りこけてしまった女子たちのメイクを優しく落としてくれたらいいのに〜。(あっ できたら保湿もお願いします…。)

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top