Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【セキララ部室】まさか◯◯◯を顔にぶっかけるなんて……!!(うっかりミス編)

イラスト:酒井絢子(女子部JAPAN(・v・))

こんにちは。大晦日の夜に限ってやけに眠たくなり、年越し前には夢の中へカウントダウン……な女子部JAPAN(・v・)編集部のさかいです。そして目覚めて初めに目にするは、日の出ではなく食べかけの蕎麦と飲みかけの缶ビール。ほぼ毎年同じ光景です。

 

さて、今年から、クスクス、ムフフ…の”珍”コーナーがはじまります!

女子部JAPAN(・v・)の前身・iPhone女子部が2011年に発表した、知る人ぞ知る『セキ★ララ部室』(現在はサービス終了)の人気コーナー「女子のおかず」をリバイバル。まさに『セキ★ララ部室シーズン2』!

 

リア友には言えないあんな話や、男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいあんな話も、みなさまから募集中。採用者には、iTunesCard(500円分)をプレゼント!

 

セキララ話を投稿する

 

そして今回ご紹介するのは、うっかり屋さんなお母さんの話。あなたの周りにもいませんか? こんなお母さん。

お正月は久しぶりに実家にお泊まり。ペットの猫の名前と私の名前をしょっちゅう言い間違えるようなおっちょこちょい母が、新年早々またやってくれました。

母がお風呂に入っている間、テレビを見ながらのんびりしていると、突然「ヒャァアア〜!!!」と母の叫び声が。何事かと急いで見に行くと、素っ裸のままの母が「化粧水と除光液まちがえちゃったよ〜」と顔をタオルで拭いていました。あきれて「タオルで拭かないで、まず、顔洗いなよ! そして服を着なよ」と言うと「ああ、そうだね、アハハハ」と言いながら顔を洗い、「いやあ、びっくりした。やけにスースーすると思ったよ」だって。

老眼でおっちょこちょいなんだから、化粧水と除光液なんて近くに置いといちゃだめじゃん……。母よ……。

[強靭な肌を持つ母の娘部員 R子]

 

強力ピーリング度 ★★★★★

 

その後の肌の調子が気になるところですね。

 

と、いうように…、衝撃や笑撃を受けたエピソードだけでなく、ちょっとしたトホホやうっかりなエピソード、もし思い出したらぜひ投稿を。お待ちしております!

 

セキララ話を投稿する

※採用された方には、iTunesCard(500円分)をプレゼントいたします!

 

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top