担当者にトツゲキ 担当者にトツゲキ

【担当者にトツゲキ】最近じわじわキテる!? オーガニックコットンナプキンって女子にとって何がいいの? コットンラボに聞いてみた(1)

みなさん、生理ナプキンって何で選んでいますか? 吸収性のよさ? それとも使い心地? もしかしたらお値段かも? ナプキン選びのポイントはもちろん人それぞれ。あらためて考えてみると、女子にとって生理ナプキンとのお付き合いってすごく長いのです。月に5日ほど付けるとすると、1年間で60日、1440時間付けていることになります。12歳に初潮をむかえたとして、日本人女性の平均閉経年齢の50歳までで計算すると、生涯にすると約2400日、57600時間。想像できないぐらい長いですよね。

長時間デリケートゾーンに触れているのだから、なるべく肌にやさしいものを選びたいのは当然。そこで最近、個人的に気になっているのがオーガニックナプキンです。

そこで今回は、オーガニックコットンナプキンを製造販売している「コットン・ラボ」 さんの東京本社にお伺いして、マーケティング部の富岡さんと道岡さんにコットンナプキンについてお聞きしてきました!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)あり)

 

女子にとってホントに大事なことってなに? ノンポリマーの裏に秘めた想い。

あり:最近よく、オーガニックコットンという言葉を耳にします。コットン・ラボさんが販売されている「オーガニックコットンナプキン」は、どんなナプキンなんですか?

 

道岡さん:ウサギさんがパッケージにデザインされた「オーガニックコットンナプキン」は、表面シートにオーガニックコットンを100%使用しています。肌に優しいコットンは、やわらかくフカフカの質感が特徴です。

 

 

たけだ:付け心地は大事ですね!

 

道岡さん:もう一つの特徴は、ノンポリマーのナプキンをご使用いただけるということですね。ノンポリマーとは、一般的な生理ナプキンに使用されている「高吸収ポリマー」を使っていません。それゆえ、一般的な生理ナプキンに比べると吸収力が劣ります。交換頻度が多くなってしまうというデメリットもありますが、逆にかぶれやムレを防ぐというメリットにつながっているんです。

あり:なるほど! 私も家にいるときは、なるべくこまめに取り替えることにしています。そうすると、経血もスムーズに出て、生理が早く終わるような気がします。

 

道岡さん:ポリマー自体が悪いわけではないんです。仕事でも、遊びでも何かに一生懸命になったり、忙しく取り組んでいるときには、ポリマーの高い吸収力は頼もしい存在です。ただ、吸収力が高いナプキンを使って、取り替え頻度が減ってしまうと、どうしてもムレやかぶれの原因になってしまうんですね。ノンポリマーのよさというのは、取り替え頻度が多くなるので、清潔に使えるところだと思っています。

 

前商品への「かぶれにくいね」の声がヒント! 無念の製造中止をバネに生まれた新製品

 

あり:オーガニックコットンナプキンを開発したきっかけは何ですか?

 

道岡さん:私たちは以前「流せるナプキン」という生理用ナプキンを製造販売していました。これは、表面シートにパルプやレーヨンなどの天然素材を使った、文字通りトイレに流せるナプキンなのですが、ある時に流せるトイレシートやウェットシートについて国の基準が変わって、「流せる」という表記が難しくなってしまったんです。また、ご家庭のトイレもだんだん節水式が増えて、「流せる」ことでお客様にご迷惑をおかけするかもしれない。という訳で、泣く泣くこの商品の廃番を決めたんです。

実はこの商品には固定ユーザーがものすごく多くて、ある日お店から商品がなくなり、かなりたくさんの反響がありました。残念がる声の中に「このナプキン、かぶれにくいよね」という貴重な感想をいただいたんです。流せるナプキンのメリットは、流せるだけじゃなかったんです! そこで、肌にやさしいナプキンとしてリニューアルしようということになりました。

 

富岡さん:私たちの会社はコットンパフをメインで販売している会社です。そこで、以前の商品をベースに、さらにお肌にやさしいコットンを使って、生理用品を作れないかという発想から生まれたのが「オーガニックコットンナプキン」のシリーズなんですね。

 

 

ともい:このウサギさんのパッケージ、かわいいですよね!

 

道岡さん:お店でも手に取りやすいと好評なんです。最近は、Instagramなどで写真が投稿されていたりするんですよ。これは予想外でした!

 

富岡さん:うさぎさんデザインは、パッケージを考えた女性デザイナーの遊び心でいくつかある案の一つとして提案されたものなんです。私自身「これはないな(笑)」と思っていたんですが、女性スタッフには好評で。お店で同じようなパッケージが並んでいる中でパッと目立つから、これでいこう!となりました。私たち小さなメーカーが大手と競うにはエッジを効かせないとダメなんです。

 

ともい:思い切った決断がいい方向にいったんですね!

 

道岡さん:パッケージの斬新さもあって、おかげさまで好評をいただいております。これからは、コットンナプキンも選択肢の一つとして選んでもらえたらうれしいですね。

 

 

『オーガニックコットンナプキン18個入り 羽つき・ふつうの日用』参考価格398円(税別)
『オーガニックコットンナプキン20個入り 羽なし・ふつうの日用』参考価格398円(税別)
『オーガニックコットンナプキン20個入り 羽なし・ふつうの日用(ポリマーあり)』参考価格398円(税別)

 

頑張りすぎる女子への思いが込められた、やさしいナプキンでした!

デリケートゾーンに直接触れるものだから、肌にやさしいものを選びたいと思いつつ、やっぱり外出時などはしっかり吸収してくれるタイプが安心ですよね。今回のお話を聞いて一種類のナプキンにこだわらず、シーンや体調に合わせて使い分けるのもアリだということを感じました。

また、オーガニックコットンナプキンを使うことで、月一回の生理の状態がしっかり確認できたり、取り替え頻度を多くして清潔に使えたりなど、女子にうれしいこともいっぱい。私も自分のライフスタイルをもう一度見直してみて、オーガニックコットンナプキンを上手に取り入れてみたいと思います。コットン・ラボさんのお話は、毎日を頑張りすぎる女子たちへの、やさしいエールに聞こえました!

 

【今回トツゲキした担当者】

コットン・ラボ株式会社

マーケティング部の富岡さん(左)と道岡さん(右)

コットン・ラボのHPはこちら

 

調査記事に協力してくれる部員募集中 食べながら飲みながらディープにおしゃべり。
share
page top