Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

[2014.3.28]鳥取女子会ったらサイコー♡ ここでしか味わえないモサエビや鬼太郎、鳥取砂丘も大満喫の旅!

こんにちは、iPhone女子部のむらかみです。

3月28日から「青春18きっぷ」をつかって鳥取女子会をしに、遠路約15時間にもおよぶ列車の旅をしてきました~! 鳥取では、鳥取県のなかでも鳥取市周辺でしか食べることができないという「モサエビ」を堪能!

残念ながら、私はのっぴきならぬ事情wにより、直前で青春18きっぷ旅行ができなくなってしまったので、列車の旅についてはこばなみから語ってもらうとして、私は鳥取女子会&鳥取について紹介したいと思います!


<1日目>
今回女子会を開催したのは、鳥取駅から5分ほどの場所にある、老舗旅館「観水庭 こぜにや」さん。かけながしの温泉を楽しめる、創業150年の老舗旅館です。

男女別の大浴場のほか、無料で入れる貸し切り風呂もあります。
お湯は無色無臭なのですが、トロリとしていて肌をしっとりとさせてくれます。
温度もちょうどよし。しかも、めっちゃ温まります!

宿に到着して、ひとっぷろ浴びた後は念願のモサエビづくしの夕餉の時間です!

モサエビの刺身に始まり、塩焼き、唐揚げ、みそ汁と、たーっぷりモサエビ。
さらに鳥取の松葉ガニの鍋や和牛ステーキなんかもいただいちゃって、大満足!

モサエビは「猛者海老」と書くらしいのですが、そんな荒々しい名前に反して身は甘くて
プリプリで、弾力があって、濃厚で、臭みもなく…とにかく、おいしい~!!

「もう食べられない~!」と言いながらも、なんだか食べれてしまう女子たち。
たっぷり堪能しました!

そして部屋に戻ってからは、お泊まりといえば…の女子トーク!
トークのおともは鳥取のワインやおつまみ♡


最後は鳥取でも恒例のw、プレゼント大会をひらいて締めにしました★

<2日目>
翌日は、みんなと別れて鳥取から米子まで鳥取県を横断しながら観光の旅。
鳥取といえばの砂丘は、あいにく春の嵐が来ていて暴風!
馬の背まではなんとか登って、海を眺めてきました。
次回は晴れている日に行けるといいな~★

つづいて「因幡の白兎」でおなじみ、恋愛成就で有名の白兎神社へ。
恋愛祈願を託して白い石を兎の石像の上にのせるこばなみ。

続いては、白い壁の土蔵が立ち並ぶ「倉吉」へ。
土蔵は今ではカフェや雑貨屋などになり、観光スポットとしてにぎわっていましたよ~

ここでは、創業100年の餅屋を営む「清水庵」にて、名物「餅しゃぶしゃぶ」を堪能!
薄く切られた12種類の味のお餅を、出汁にくぐらせて頂くのですが、
「ゆず」や「よもぎ」「唐辛子」「ブルーベリー」など、薄いお餅なのでペロリと食べられちゃう!

豚肉や牛肉のしゃぶしゃぶも一緒にオーダーできて、最後はうどんで締めます。
雨で冷えたカラダがあったまる~
お店も明治時代末~大正時代初期に建てられたもので風情があって、雰囲気だけでも充分楽しめますよ。

お腹が落ち着いたら、境港の「水木しげるロード」へGO!
鬼太郎グッズや、カフェ、水木しげる記念館などが立ち並ぶ通りには、ところどころに
鬼太郎キャラの銅像も。

ちなみに私が一番好きな鬼太郎キャラは「一反もめん」。こばなみは「ねずみ小僧」なのだそう。
憧れのねずみ小僧と撮影できてご満悦♡

こんな羊羹も発見!

と、やや駆け足の鳥取観光でしたが、充分満喫しました!
部員さんたちも、出雲大社に行ったり、
鳥取港海鮮市場「かろいち」に行ったり、砂丘アイス(!)を食べたりと、楽しんでいたようです!(写真協力:もりちさちゃん)

食事も観光も、大・大満足だった、鳥取女子会♪
なにより、鳥取の方たち、めっちゃ親切で、初対面なのに皆すぐ打ち解けられたのが嬉しかった!
また鳥取行きたいなぁ~!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★女子会(=部活)に参加したい方はまず入部をお願いします(もちろん登録無料、もちろん年齢不問)。
サイトでのお知らせに加え、月2回のメルマガでもご案内いたします。
【入部はこちら

★女子会(=部活)を共同開催したい企業さま、メディアさま、団体さまもお気軽にご連絡くださいませ。
★女子会(=部活)を取り上げてくれるメディアさまも大歓迎です。お待ちしております。

各種問い合わせ:joshibu@iphonejoshibu.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

WEBで!リアルで!おしゃべりしよう 全国の女子部員、募集中! <登録無料><年齢不問>
share
page top