検証シリーズ 検証シリーズ

【婦人体温計&アプリ検証】ログ好き女子が、オムロン婦人体温計MC-652LCと生理管理アプリ「カラダのキモチ」を使って3カ月基礎体温をつけてみた

みなさんは、ライフログをつけるのは好きですか? わたし、編集部員ともいは大のログ好き!
毎朝体重を測ってアプリに記録をすることは序の口。日々着ている服をイラストにしてコーディネートブックを作ったり。
高校3年生のときは毎朝通学で乗った電車の時間をケータイのメモに記録し続けたり、一人暮らしをはじめてからは日付だけのカレンダーを作って自炊や掃除をした日の欄にシールをペタペタと貼り、毎月だいたい何日頃に家でどういった行動をしているのかを記録したりしています。

しかし、生理に関してはまったくの鈍感! 生理の前後で毎回同じような不調やカラダの変化はあるものの、イマイチその原因を掴みきれないまま、スケジュール帳になんとな〜く開始・終了の日を記録するだけで、ざっくりとした管理をしていました。

そこで、いままで一度も計ったことがなかった基礎体温を記録してみようと一念発起!
オムロンの婦人体温計ならBluetoothでカンタンに計測結果をアプリに転送して記録ができるということで、婦人体温計と生理管理アプリを約3カ月間使ってみました!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) ともい)

 

今回使用した婦人体温計と生理管理アプリ

オムロン婦人用電子体温計 MC-652LC

こちらのオムロン婦人体温計はケースから本体を出し入れするだけで電源のON/OFFができ、口の中に入れて10秒で検温ができる優れもの!

BluetoothとNFCの通信機能搭載なので、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに検温データをカンタンに転送することができます。

 

カラダのキモチ:生理日・排卵日予測・妊活サポート

ドコモ・ヘルスケアが配信しているアプリ。月経周期管理から妊活まで対応していて、毎月の生理や体重・基礎体温などをカンタンに記録、グラフ化することができます。女性のライフステージをトータルでサポートしてくれるアプリです。

 

体温計を枕元に置いて、いざ! 毎日基礎体温ログチャレンジッ!!

今回は4月の生理が終わった直後をスタートに、アプリ『カラダのキモチ』を無課金、周期管理モードで使ってみることにしました。

基礎体温は、朝目覚めてすぐに寝たままの姿勢で測ります。うっかり測り忘れないように枕元に体温計をセット! ログ好きとしては気合が入ります!
『カラダのキモチ』には、念のためいままでログをつけていた過去1年間の生理日を登録しておきました。

 

<婦人体温計の使い方>

こちらの体温計は、左側のケースからパカッと取り出すと計測モードに入り、舌の裏側の中央にある筋の部分に先端を挟んで約10秒間待つと検温することができます


<基礎体温のデータの記録方法>


体温計から基礎体温のデータをアプリに転送するときは、まず体温計をケースに戻します。お手持ちのスマートフォンで『カラダのキモチ』を起動して、ホーム画面にある転送マークをタップすると、婦人体温計とのペアリングがはじまります。すると約10〜15秒でアプリに検温データが記録されます。


<生理日の記録方法>


生理日を記録したい場合は、ホーム画面の右下にあった記録マークをタップし、登録したい日を選んで、開始/終了をタップするだけ!
日にちをプルダウンから選んだりスクロールしなくていいので、とってもカンタンです。

これなら続けられるかも! ということで、ここから3カ月のチャレンジがはじまりました。

 

<1カ月目> 好きこそ物の上手なれ!? 基礎体温を測るためにはコツがいる 


1カ月使ってみてまず感じたのは、基礎体温を測る位置(口の中も体勢も)を定めるのが意外と難しいということでした……。

使いはじめて1週間くらいは、寝起きでうっかり動いてしまったり、説明書にイラストで舌のどこで測るのかが載っているのですが、イマイチその場所がつかめず、最初の4日間くらいは舌の上で測ってしまったり、舌の裏側の筋の近くに体温計をあてて挟めなかったりしたので、基礎体温の振れ幅が大きくなっています。

コツが掴めると記録の振れ幅も安定してきて、高温期に向かって体温が上がって行く様子も見えて面白い!


グラフ上部の黄色い卵マークは排卵日、月のマークは月経日初日のマークです。

4月に生理が終わったタイミングでこの検証をスタートしてから、5月8日に初めて生理がきたので、さっそく記録ボタンから開始をタップして生理日を登録してみたところ、グラフの下部に今までなかった「妊娠可能性」という表示が増えていました!
周期管理モードでアプリを使用していてもこういった表示してくれるのは、何かあったときのためにありがたいですね。

 

生理前後の時期によって、トップ画面にも変化が!


左上のピンクのホーム画面は、生理が終わった直後のハッピー期です。日が経つにつれてリラックス期、スロー期、リフレッシュ期と、時計回りにホーム画面のカラーとデザインが変化していきます。

 


現在の体調についてのコメントも日々変化があります。
こちらは生理中のリフレッシュ期のホーム画面なのですが、同じ期でも何日目なのかによってカラダとココロについてのコメントが違っているのがわかります。
「いまのわたしのカラダは何期かな〜?」「ダイエット効果があるなら今日はいつもより動いてみようかな!」と、楽しみながら日々のヘルスケアができます♪

 

<2カ月目> スタンプで一目瞭然!? ココロとカラダの波をカレンダーで確認!


カラダのキモチにはカレンダー機能もあり、基礎体温だけでなく、体重、体脂肪率、スタンプ(症状・メモ)や100文字のテキストも記録することができます。
カレンダーの各マスの上段には症状を、下段には感想や気持ちをスタンプを使って記録すると、自分の日々のココロとカラダの調子も一目でわかります。


わたしの場合は通勤電車の中で1日を振り返ってスタンプをつけるようにしており、2カ月目を振り返ってみると基本的に毎日ニコニコマーク!
しかし頭痛や腹痛などカラダにダイレクトでダメージがくると、自然と気持ちにも影響してツラかったな〜と感じてしまい、いまいちな顔をしたスタンプをつけている月もありました。

 

<3カ月目> グラフとスタンプの合わせ技で、より細かく自分のカラダを知る!

グラフの真ん中のピンクの横線は高体温、水色の横線は低体温の基準となっています。

そして、カレンダーに記入していた症状スタンプの中でも、特に気になる症状をグラフの下のスペースに6つまで表示させることができます。

私の場合は生理前に以下の症状が出るため、グラフと一緒に表示されるように設定しました。

・腹痛……片方の卵巣のあたりがキューッとつねられたような痛みがあり、下腹部がモヤモヤしてくる。
・胸のはり……胸がどんどん張ってきて、階段を降りる振動だけでも胸に鈍痛が走る。
・ねむけ……ちゃんと睡眠がとれていても日中に爆発的な眠気に襲われる。
・肌荒れ……ニキビができやすくなり、洗顔時に指の腹でニキビ予備軍の存在を感じる。
・食欲増加……いつもの食事+1〜2食食べる。特に休日だとずっと家で食べようとしてしまう。
・むくみ……顔やふくらはぎがむくんでパンパンになってしまい、自分の容姿への嫌悪感が増す……。

3カ月分のグラフと症状スタンプを見比べてみると、いままで漠然と体調が悪いな〜と思っていたのは、排卵日の前からくる不調と、生理直前でくる不調の2種類だとわかり、わたし的には大発見でした!

 

ちなみに…… プレミアムプランでできることは?

カラダのキモチには月額360円(税込)のプレミアムプランがあります。
具体的に何ができるかというと、

(左)ホーム画面にある「FOR YOU」をタップすると、いまの自分の時期にあったオススメのコラムを全て読むことができる。
(真ん中)体重と体脂肪のグラフの下部に、痩せやすい時期を表示してくれる。
(右)基礎体温と月経周期のデータから分析した結果を周期レポートとしてお知らせしてくれる。

……などなど、他にも特別な機能がついています。

課金しないままでも十分使いやすいアプリなので、ご自身の必要に応じて使ってみるといいかと思います!

 

ログをつけながら、日々の生活も自分も大事にしよう

今回3カ月間ほぼ毎朝基礎体温を測って症状スタンプと一緒にアプリに記録をつけたことによって、わたしの場合はいままで生理前になんとな〜く感じていた不調が排卵前の数日前に来るということや、排卵後の高温期からカクッと体温が下がったら生理が来るということがわかって、とってもスッキリしました!

また、最初はなかなか掴めなかった検温のコツも掴めてきたことで、記録をすることがだんだん楽しくなってきて、毎朝寝ぼけながらでも10秒で検温してデータを転送するところまではやるようになりました(笑)。

カンタンに記録するだけで今まで無自覚だった症状に気づけたり、自分のココロの機微もわかったりするので、この調子で婦人体温計とアプリを使い続けていくうちに、毎月の生理と上手く向き合えそうな気がしてきました!

カラダのキモチは広告がなく、デザインがスッキリとしていて、わかりやすいところに必要な機能やボタンが配置されているので、婦人体温計がなくても月経周期管理のために使うアプリとしてオススメです。

これを機に、みなさんもマイペースにログをつけはじめてみては?

share
page top