Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【セキララ部室】コーヒーが…、ここではない、どこかへ(うっかり編)

女子部JAPAN(・v・)の前身・iPhone女子部が2011年に発表した、知る人ぞ知るアプリ『セキ★ララ部室』(現在はサービス終了)の人気コーナー「女子のおかず」を、「セキララ部室」としてリバイバル!
女子部員たちから集まったリア友には言えないあんな話や、男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいあんな話を紹介していきます。
(セキララ部室 室長:女子部JAPAN(・v・)さかい)

 

隣の部署で仲良しの先輩とは、給湯室で顔を合わせるとよくおしゃべりをします。
コーヒーを淹れながら、たわいもないことを話すのが楽しいんですが…。

ある日の終業後、デスクで帰り支度をしている先輩に挨拶しようと声をかけました。
するとお互い夢中になって観ているドラマの話になり、ちょっと立ち話を続ける状態に。
ドラマの展開がどうなるかなど話し込んでしまい、先輩が私の話に「だよね〜」と相槌を打ったその瞬間!

先輩は私の顔を見ながら、片手に持っていたコーヒーを、デスクに置いていたバッグの中に流し込んだのです!

何を言っているのかわからないかもしれませんが……、ふだん、給湯室で話しながら飲み残しのコーヒーをシンクに捨てたりしているので、そのクセがついていて思わずやってしまった模様。
しかも私が「ちょ、そこ、バッグですよ!」と指摘するまで気づかなかった先輩…。

気づいた瞬間に「ウソでしょ!?!?!?」と叫んでましたけど、いや、マジですから…。ウソみたいな実話です。

[給湯室部員 お茶汲みOL]

違う、そうじゃない度 ★★★★★

高校生の頃、休み時間にストローだと思ってシャーペンくわえちゃった子を思い出しました。

 

さて、セキララ部室では、みなさまからもこのようなぶっとび話や、とにかく誰かに知らせたいあんな話、男子禁制のそんな話を募集しております。採用者にはiTunesCard(500円分)をプレゼント!

セキララ話を投稿する

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top