Catevory
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

【セキララ部室】その笑い、何分持ちますか?(トンデモ編)

女子部JAPAN(・v・)の前身・iPhone女子部が2011年に発表した、知る人ぞ知るアプリ『セキ★ララ部室』(現在はサービス終了)の人気コーナー「女子のおかず」を、「セキララ部室」としてリバイバル!
女子部員たちから集まったリア友には言えないあんな話や、男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいあんな話を紹介していきます。
(セキララ部室 室長:女子部JAPAN(・v・)さかい)

 

お盆休み、帰省先で久しぶりに会った甥っ子(幼稚園児)と姪っ子(未就園児)を乗せて田舎道をドライブしました。

国道沿いに広がる田園風景。そこにひょっこり大きな立て看板が見えました。

「“ようこそ◯◯村へ”って書いてあるね〜」と私が言うと、姪っ子が
「えっ!? ようこさん?」と言いだしました。

“ようこそ”が“ようこさん”に聞こえたようです。

すると甥っ子が「ようこさん!? ようこさんが◯◯村にいるの!?」と笑いながら言うので私も「いるんじゃない? っていうか、ようこさんって誰だよ(笑)」と返すと、そこで甥っ子大爆笑。

つられて姪っ子も爆笑し、私も最初は笑っていたのですが…、
その爆笑が長いったらありゃしない! 延々と笑い続けているのです。「ようこさん」を連発しながら、笑い袋のようにケラケラケラケラ…。

子どもって面白いな〜なんて思っていたものの、あまりにも長く続くのでだんだんと不気味にすら思えてきたのでした。子どもの笑のツボって意味不明だし、一旦ツボに入るとなかなか出てこないものなんですね。

[そう簡単には笑わない部員 ポーカーフェイサー]

箸が転げてもおかしい度 ★★★★★

きっと肺活量が鍛えられますね。

 

さて、セキララ部室では、みなさまからもこのような聞きまつがい話や、とにかく誰かに知らせたいあんな話、男子禁制のそんな話etcを募集しております。採用者にはiTunesCard(500円分)をプレゼント!

セキララ話を投稿する

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top