セキララ部室 セキララ部室

【セキララ部室】マイペースな大学生が集まると…(トホホ編)

女子部JAPAN(・v・)の前身・iPhone女子部が2011年に発表した、知る人ぞ知るアプリ『セキ★ララ部室』(現在はサービス終了)の人気コーナー「女子のおかず」を、「セキララ部室」としてリバイバル!
女子部員たちから集まったリア友には言えないあんな話や、男子禁制のそんな話、とにかく誰かに知らせたいあんな話を紹介していきます。
(セキララ部室 室長:女子部JAPAN(・v・)さかい)

 

大学時代、グループ制作課題というものがありました。
その課題は提出物が多く、なかなか大変なもの。しかし私を含め集まった3人のメンバーはみなマイペース。
やや心配な部分がありましたが、とりあえず唯一一人暮らしをしていたT君の家を拠点として作業をすることになりました。

作業の初日、もう一人のメンバーYちゃん(華奢で清楚系だが大食い)が、「まずは腹ごしらえ、しなくちゃね♡」と言ったので、作業を始める前に食料を調達することに。
飲み物とかも買うと重たいから…と、T君はバイクで、私とYちゃんは歩きでコンビニへ向かいました。

新発売のお菓子を発見したり、ちょっと立ち読みしたりしながら買い物をしていると、かれこれ1時間くらい経ってしまっていました。
「作業時間が減っちまった…!」とやや焦る私たち。

そこで、また歩いて帰ると時間かかるし疲れるから…と、T君は一人ずつバイクの後ろに乗せて家まで2往復してあげると提案してくれました。

まずはYちゃんを乗せて、そのあと待っていた私を乗せてT君の自宅へ。
やっと3人が戻ってきたその時点ですでに1時間半が経過。

「まあでも、腹が減っては作業ができぬ!だよ♡」とYちゃん。それもそうだなと食べようと思ったら、なんと買った食料がない。

3人ともバイクによる往復にばかり気を取られ、大量の購入品をコンビニ前に置いてきてしまっていたことにそこで気づいたのでした。

またもやコンビニに向かうT君…。無事食料が手元に戻ってきてやっと食べはじめ、なんだかんだおしゃべりしながら食べ終わった時点で3時間が経過していました。

すると「あっ終電がやばーい!」とYちゃんが叫び、初日は解散。1mmも作業をせずに終わったのでした…。

そんな感じで、このメンバーの作業がその後もはかどるわけもなく、グループ課題は散々な結果に。

いい成績は残せませんでしたが、今もメンバーで集まるたびに爆笑できる、いい(!?)思い出がたくさん残りました。

[一応大卒部員 寄り道しかしていない迷子]

不真面目度 ★★★☆☆

単位は取れたのでしょうか!?

 

さて、セキララ部室では、みなさまからもこのようなトホホな話や、とにかく誰かに知らせたいあんな話、男子禁制のそんな話etcを募集しております。採用者にはiTunesCard(500円分)をプレゼント!

セキララ話を投稿する

次回のセキララ話もお楽しみに〜!

share
page top