ニクの日(部員誕生日会) ニクの日(部員誕生日会)

[2016.9.29]餃子好き女子が新宿に集結! 包んで焼いてひたすら食べる「餃子女子部」開催

こんにちは。
女子部JAPAN(・v・)編集部員のいそのです。

9月のニク(など)の日は、リクエストの多かった、餃子女子部! 食べる分は自分で包む共同作業をすることで、いつも以上に、そして普段あまり話さない部員さんとも気軽に仲良くなっちゃおうという狙いもあり!

 

今回は、出会いを求める女性に向けて、自分磨きをしながら婚活できるようサポートしている「SOWELUTE(ソエルテ)」さんからお声掛けいただき、かなりお得なプランでイベントが実現いたしました。参加費はな、なんと、アルコール飲み放題付きで1,000円!

会場は、ニンニクやニラを使っていない餃子が人気の新宿駆け込み餃子さん。
江戸の火消隊をイメージした賑やかな店内の2階を貸切って、参加者、編集部合計34名で餃子女子部スタートです!

 

まずは、こばなみ部長のご挨拶と餃子師匠(スタッフさん)による包み方講座。


これから美味しい餃子を食べるため、真剣に説明を聞く部員さん達。


手袋を装着し、厚めの皮でタネを包んでいきます。水は使わず、ぎゅっと力を込めて周りをとじていくのですが、タネを入れすぎると皮から溢れてしまうし、皮は柔らかいし、餃子包みってけっこう難しいです。


おしゃべりしつつ、チャキチャキと手を動かし、全員で合計300個以上餃子包みました。

包む作業を終えて一息ついていると、各テーブルにスンドゥブスープと白湯スープが入った仕切り鍋が。中には餃子が潜んでいるとのこと! これが炊き餃子なのですね。お酒を飲みつつ、沸騰するのを待ちます。


白髪ねぎ、ミョウガ、パクチーのたっぷり薬味に大歓喜! 女子は薬味が好き!
(鍋用ではなく、焼き餃子用だったようですが、炊き餃子にもばっちりでした。)


あっつあつの餃子に薬味をのせ、出来立てをいただきます!


「パクチーが合う」「ダシが効いたスープが辛うま!」「肉汁がすごい」などと絶賛の声! SNSに投稿をしつつ、しっかり味わいながらツルツルいただきます。

鍋に夢中になっていると、今度は焼き餃子が登場。


こんがり焼き色がついた餃子、これまた箸が進みます! 「私が包んだ餃子はどれだろう? 」や「具材たっぷりで太っ腹な餃子! 」と盛り上がりながらペロッと1皿。


「お味いかがですか?」 「もちろんお代わりお願いします!」と女子の食欲は止まらず!


鍋は麺やご飯でシメ。スープを最後まで美味しくいただきました。雑炊に、少しだけ食べるラー油をかけるのが私的にヒット! 優しい白湯雑炊にピリッとした辛味が美味しい〜(美味しくて夢中で食べていたので写真なし…スイマセン)。

その間にも部員さん達とワイワイ大盛り上がり。一緒に包む作業で、ばっちり仲が深まりました。

 

鍋に焼き、存分に餃子を食べて満腹になってはいますが、乙女には別腹なるものの存在が。ということで食後のデザートは濃厚な自家製杏仁豆腐! 餃子のみならず、甘いものもばっちりおいしい“新宿かけこみ餃子”!

ごちそうさまでした! これはは女子会にぴったりだと思います。

最後はこばなみ部長からの挨拶と、SOWELUTE(ソエルテ)さんのアピールタイム!
自分磨きできる、多彩なイベントを行っているので要チェックですよ!

今回初参加の方も多くいらっしゃいましたが、帰る頃にはみんな仲良しムードで和気あいあい。幅広く交流もでき、新しい出会いもあったようです!


すごいぞ、餃子パワー!

最後に、今回応募したけど外れてしまった方、ぜひまたお申し込みくださいね。
そして参加した方、ぜひ餃子女子部のお写真をTwitter「#joshibu」、Instagram「#女子部JAPAN」などのハッシュタグをつけて、アップしてくださいね!

 

 

いその/女子部JAPAN(・v・)編集部員。餃子は毎年お正月に作っていて、密かに包みには自信があったのですが、見事に打ち砕かれました。お肉たっぷり餃子、とても美味しかったです。

調査記事に協力してくれる部員募集中 食べながら飲みながらディープにおしゃべり。
share
page top