担当者にトツゲキ 担当者にトツゲキ

【女子コミュニティ代表の友だち談義②】「友だち」「知り合い」「親友」は違う? 代表たちのセキララな「友だち観」とは

女子部JAPAN(・v・)では最近、「友だち」についてマジメに考えています。前回は、女子コミュニティの企画・運営をしている4人の代表たちに、コミュニティに参加するみんなの理由や女子コミュニティの今後について、おしゃべりしてもらいました。そして今回のテーマは、代表のみなさんのプラベートでの「友だち観」について。根ほり葉ほり聞いてみました。

(テキスト・女子部JAPAN(・v・)あり)

 

<ご参加いただいたみなさん>

DRESS編集長 池田園子さん

35個程度のコミュニティを持つ「DRESS」の会員は、20〜50代の女性をメインに約3万5000人。以前は雑誌のイメージからか、「ロングドレス部」などアラフィフ世代が多かったが、今はさまざまなコミュニティを作って幅広く活動中。最近ではパーソナルカラーや美眉などの美容系、手相占いなどが人気で、DRESSの記事と連動して独自のイベントも展開。

 

ラーラぱど編集長 幸脇麻由子さん

現在800万部を発行しているフリーペーパーとWebのメディア「ラーラぱど」。フリーペーパーは東京エリアを中心とした駅で配布するなど、主に都内に勤めるOLさんに向けた情報を発信している。「ゴルフ部」や「工芸部」などのその時々の旬のテーマのコミュニティや、東京の女子と一緒に地方を訪れて盛り上げる「ニッポン応援女子部」(2017年からスタート)を運営。12/14(金)にクリスマスパーティ「第2弾ドレスアップParty night 2018」を開催予定。

 

ウンログ 広報 長瀬みなみさん

うんち記録アプリ「ウンログ」をきっかけに、「みんなでがんばる部活がほしい!」という声からはじまったコミュニティ「ウンログ女子部」。腸活のためのヨガやマッサージ、食事について学べる講座など、月一回程度のイベントを開催。部員は20〜50代の女性がメイン。8割は便秘解消が目的、残りの2割はダイエットや美容目的で集まっている。ファミリーマートとタイアップして、スムージーやヨーグルトドリンクも開発。

 

女子部JAPAN(・v・) 部長 こばなみ

前身は「iPhone女子部」。自費出版でiPhoneの本を作ったのがはじまりで、iPhoneケースのデコイベントなどで人が集まり、8年前に部活を結成。「飲み会したい」「何か楽しいことしたい」などの要望により、iPhone以外のことも楽しむ「女子部JAPAN(・v・)」として再スタート。現在は、健康やお金、デジタルなど、女子がモヤっと分からないことをみんなで解決しようというスタンスで活動中!

 

本音が言えちゃう関係と、言えない関係。

それが「友だち」と「知り合い」の境界線?

 

―――みなさんのプライベートの友だち付き合いで、「難しいなっ」て思うときはありますか?

 

長瀬さん:大人になると、新しい友達があまりできないですよね。でも逆に、私の場合はすごく気楽でした。学生時代って、毎日40人とかと会わないといけないじゃないですか。私、女子校だったんですけど、みんなで群れるのが苦手で。グループに属さずに過ごしていたんです。だから、学生から大人になって、毎日40人と顔を合わせなくていいのがすごく楽で。気を遣わなくてもいいし、会いたい人にだけ連絡して、会えればいいから。

 

こばなみ:そうそう。学生時代は、友だちとは一日中一緒にいたけど、いまは、「超くだらない話をしたいからこの人と会おう」とか、「買い物行きたいからこの人と会おう」とか、「旅行はこの人!」とか。得意なところで付き合えるのがいいと思う。
これってもしかしたら、大人になって時間がなくなったからこそ得られた、友だち付き合いでのメリットなのかも。

 

池田さん:友だち付き合いの難しさで言えば、「子どもがいる女性が、まわりに気を遣われちゃう」という話を、DRESSの5月特集「人それぞれな子どもの話」を取材していたときに聞きました。「夜の集まりはダメだよね…って遠慮されるのが心苦しい」って。私は独身で子どもがいないから分からないのですが、分からないから、変に気を遣ってしまうところが難しいなと思いました。でもきっと、気を回しすぎないで、本人に聞けばいいんですよね。

 

こばなみ:ライフステージの違いに悩むというのは、よく聞きますよね。あとは、お酒を飲む人と飲まない人との価値観の違いとかありませんか?

 

―――お酒を飲めない人が、お酒を飲む人と食事していて、割り勘だったことにイライラしたっていう話をチラッと聞きました。

 

こばなみ:「割り勘負けしちゃう!」ってことだよね。コミュニティだと、飲むか飲まないか分からないし、割り勘にしちゃうんじゃない?

 

―――さっきのライフステージの違いの問題や、お酒を飲む飲まないの問題などで、相手にはっきりと言える間柄と言えない間柄のその差って何ですかね?

 

こばなみ:飲む・飲まないの問題を言えるかどうかは、金銭感覚が同じかどうかが大きいかも…。

 

池田さん:仲良し度の深さの違いかな〜。

 

幸脇さん:性格だと思う。私は、友だちにたくさん飲まれても、言わないと思うし。言う人は、どこ行っても言うと思う! そういう人と思って付き合えばいいんじゃないかな? 金銭感覚が違う人との飲み会はツラい!「これ食べたい!」って言ったときに、「えっ、それ高い」って言われたら帰りたくなる(笑)

 

こばなみ:歳をとると、金銭感覚や価値観の差がより出てきそう。お互いが自然に気を遣い合えればいいですが、やっぱりギクシャクしてしまうこともありますよね。

 

あえて「友だち確認」は恥ずかしい!?自分の中で「友だち」と思えることが大事

 

―――「友だち」と「知り合い」の境界線ってどこだと思いますか?

 

幸脇さん:私、改めて考えてみたら、友だちがいないことに気づいたんです。知り合いはたくさんいるけど、友だちって何人いるかな?って考えてみると、学生時代の友だちは生活が変わっちゃって今は会えてないから「友だちだった人」。今付き合っている人はみんな仕事関係の人だから、友だちっていうより知り合いかな…。で、この前、思い切って本人に確認したら、二人は友だちがいました(笑)!

 

こばなみ:私は“飲んだら友だち”って、勝手に思ってるんですよ(笑)。だから、友だちのハードルが低い。でも、「私たち友だちだよね」と確認したことは、ないなぁ。相手の意見はどうでもよくて、自分が友だちだと思っていればいい!「仕事友だち」って呼び名があるといいかな!

 

長瀬さん:私は友だちって思いたいんだけど、「友だちって思っていいのかな?」っていう層がたくさんいますね。本当は確認したいけど、聞けない(笑)!

 

こばなみ:「友だち」って言葉にするのって、ちょっと恥ずかしいですよね。でも、学生時代ってたまに「親友だよね」って言ってくる子はいた! あと、ヒップホップが趣味の後輩は、仲良しの人のことをお互いに「マイメン」って言うらしいですよ。気軽に使えて、いいですよね!

 

―――逆に「知り合い」って言うと、ちょっと距離を感じますよね。友だちじゃないって言っちゃってるような…。

 

池田さん:私の周りはほぼ「知り合い」で、友だちって思う人は5人ぐらいですかね。確認してないから、分からないけど(笑)。親友って言葉も、ずっと使ってないなって思いました。

 

幸脇さん:以前、人に「私の親友の…」って紹介されたことがあって。「私たち、親友だったんだ…」ってびっくりしたことがありました。まだそこまで仲良くなれていないと思っていたので、親友なんて言ってもらっていいのかなって。

 

こばなみ:お互いの認識にズレがあったんですね。親友の定義って、なんなんでしょうね?

 

幸脇さん:親友か親友じゃないかは、つながりの深さかなって思います。だから、親友って紹介されたとき「私はこの人に本性をあまり見せてないのにな」って思いました。でもきっと、彼女は私に対して心を許してたんですよね。

 

長瀬さん:私、学生の頃から「親友いますか」って聞かれても、「親友います」って言えたことがないです!

 

こばなみ:「親友はいるのがいい!」みたいに議論されているけど、そうでもないですよね。私にとっての友だちは、何の目的もなしに会える人。くだらないことをダラダラしゃべったり、ときにはまじめな話をしたり、目的なしに会いたいって思える。知り合いだと、目的ないと会えないかも〜。

 

言葉も気持ちも大事にしながら、新たな関係性づくりにチャレンジ!

自分と付き合いのある周囲の人を「友だち」「知り合い」「親友」と分けて考えるのは、もしかしたらとても難しいこと。その境界線を考えてみても、自分だけが思っているだけで、相手はどう思っているかはわかりません。だからこそ、相手が自分にとってどういう存在なのかというよりは、自分の中での相手への気持ちが大切なのかもしれません。

何か目的がなくても「最近会えてないな…」「そろそろ会いたいな…」と自然と思える人が、あなたにとっての「友だち」なのかもしれませんね!また一方で、何かの「目的」で集まったコミュニティを上手に活用してみるのも、大人の友だち付き合いの楽しみ方。自分の興味があることを共有し合えたり、知識を高め合えたり、違った意味での関係性が生まれるかも!?

そこで今年は、しがらみのない女子同士で楽しめる、クリスマス女子会に参加してみませんか? 100人の女子が集まって、クリスマス・イブの午後を楽しく過ごします!

詳しくは↓をクリック!

調査記事に協力してくれる部員募集中 食べながら飲みながらディープにおしゃべり。
share
page top