お悩み相談コラム お悩み相談コラム

【ライムスター宇多丸のお悩み相談室19】バツイチ子持ちの40代の私。恋愛対象として見えますか?

【今週のお悩み】
恋人が欲しいが、自分はバツイチの子持ちの40代です。そんな自分を男性的には恋愛対象として見えますか。 わたしは、相手の男性が、バツイチでも、子持ちでも返ってその方が心の痛みや喜びが分かるし、どちらでも良いかなと思いますが、どうなのでしょうか? きょんツー/茨城県

 

 

宇多丸:まず、「バツイチ子持ち40代=恋愛対象ではない」ってことは別にないですよね。

相手の男が「女は若いに限る!」的なヤツじゃない限り……という保留は付くかもだけど、ルックスはもちろん、たとえば仕事上でものすごく優秀であるとか、話が本当に面白いとか、要はちゃんと人間として魅力的であるように努力してて、恋愛することを「投げてない」人であれば、何歳だってバツ何回だって子持ちだって、そりゃ恋愛対象にはなり得ると思いますよ。

逆に言うと、恋人が欲しいのにできないっていうのを「バツイチ子持ち」のせいにしてるうちは、上手くは行かないんじゃないですかね。条件のせいにするのは簡単だけど、なんの解決にもならないでしょっていう。

ただまぁ、若い頃に比べると自然に知り合う機会自体が少ない、という問題はあるかもしれないけどね。
それこそ、結婚相談所にも、バツイチ子持ちの人なんてたくさんいるでしょ?

 

こばなみ:結婚相談所に取材に行ったことがあるんですけども、今や会員は女性のほうが多いみたいですよ。相談所では、よほど変ではない限り、男性はモテモテらしいですよ。

 

宇多丸:スケベ野郎ども~、結婚相談所に行くべし!

 

 

こばなみ:婚活居酒屋にも取材に行ったのですが、そこも女性ばかりでした。前のめり!?

 

宇多丸:女の人のほうが前のめりっていうのは、やっぱ、子供?

 

 

こばなみ:それはありますよね。あと、世間体?

 

 

宇多丸:でもそれはさぁ、男だって世間体はあるよね。いい歳こいて~、とか言われるわけでしょ。一個人としてはまぁいいけど、社会全体としてはまだまだあるかもね。

 

こばなみ:あとは衰えゆく自分が怖い・・・。

 

 

宇多丸:まぁ、若いときみたいな無条件の売り手市場みたいなわけにはいかないだろうけど。
でもさ、老人ホームでだって恋愛沙汰は盛んなわけだから、恋すること自体と年齢は関係ないはずなんだよね、やっぱ。

少なくとも歳相応の相手はいっぱいいるはずでしょ。意外とこっちが、無意識にでも分不相応な高望みしちゃってる場合も多いんじゃないの?

だからとにかくね、手軽な言い訳に逃げちゃダメですよ。

たとえば男だったら、「おっさんでハゲてるから俺なんかモテない」という人がいるかもしれないけど、
おっさんでハゲが問題なんじゃなくて、「おっさんでハゲでもカッコよく見えるような努力をしてない」からモテないわけですよ。
オシャレするとか、仕事を人の何倍も頑張るとか、一芸を磨くとか、どんな方向でもいいんだけどさ。

そりゃ普通のハゲたおじさんがなんにも努力してなければ、ダメに決まってるよ!!

 

こばなみ:うへ、耳が痛い~!!

 

 

宇多丸:厳しいことを言っちゃいますと、バツイチ40代でも努力して恋愛を「投げてない」って人なら、だいたいこんなこと聞いてこないんじゃないの!?
自分磨きを怠ってる恐れがある質問ですよねぇ・・・。

 

こばなみ:今からでも磨けますよね!

 

 

宇多丸:これは前にこばなみにも言ったことけど、そもそもの「自己認識が間違っている」のかもしれないよね。

 

 

こばなみ:私の場合、「女らしさがないと言われ、自分でもそう思うので、たとえ誰かと出会ったとしても、そんなふうになることないし・・・」って思ってしまっており、孤独死を恐れているということを、前に話しましたが・・・。

 

宇多丸:その悪循環思考をやめようって話だよね。
「自分はそういう人だ」と決めつけちゃうと、そう振る舞うようになっちゃうから。
だからやっぱり、「バツイチ子持ち40代=恋愛対象ではない」って思い込みからまず捨てましょう!

で、いい男がいたら、酒でも飲ましてさっさとくっついてみちゃえばいいんですよ。
大人になるとなかなか軽はずみに行動できなくなってくるけれども、男女の仲にはやはり、一線を超える「飛躍」というものが必要。
そのためにお酒というものがある!

 

こばなみ:ほ~。ま、でも草食だ、絶食だ、って言われてても、そうじゃない男性もたくさんいますしね。そして、こんなお悩みも届いておりますよ!

 

 

【今週のお悩みパート2】
夫が結婚前からずっと浮気をしています(次から次へ)。一時期はアパートを借りていた事もあり、浮気癖はこのまま治まりそうにないのですがやはり離婚を考えたほうがよいでしょうか? kubi/神奈川県

 

 

宇多丸:ア、アパート?! ありえなくない?
こんだけ悪質なことしてて、しかもバレてるとは、なんとずさんな・・・。最低だな、コノヤロー。
にしても、この期に及んで「離婚を考えたほうがいいでしょうか?」って。

ここまではっきりダメ男ってことがわかってるのに、こんなのん気な相談をしてるってことは・・・。
ふつうに考えたら、そりゃ離婚したほうがいい!って、誰だってソッコーで答えるケースなんだけどさ。

ていうか、ここまでひどい裏切りされ続けてれば、自分でとっくにその結論を出してるでしょ、ふつうは!
でも、ひょっとするとkubiさんの場合は、前にも同じような話をしたけど、彼の浮気癖っていうのを、人間性が根本から信じられなくなるようなレベルの欠点とは思ってない、むしろ、モテる男であること自体はそんなに嫌でもないって思えてるパターンなんじゃないかな? だからこのくらいのテンションでまだ済んでるっていうか。

 

こばなみ:そうだとしたら、相当すごい。

 

 

宇多丸:一般論としては「当然、別れましょう」だけど、kubiさんが上記のタイプなのだとしたら、いざ離婚してもっと身持ちのいい人とくっついても、「なんかものたりなーい」ってなってしまう可能性もある。
なので、まずはもっとじっくり「自分の本当の気持ち」と相談してみてください!

 

 

結論:
恋愛することを「投げて」ませんか?
何歳だってバツ何回だって子持ちだっておっさんでハゲてたって
努力すれば素敵な恋愛対象にかわりなし♪

画・宇多丸

 

[プロフィール]
ライムスター・宇多丸/日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパーにして、2007年にTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(毎週土曜日22:00~24:00)が始まるや、ラジオパーソナリティとしてもブレイク中。ほかTOKYO MX「バラいろダンディ」(毎週水曜日21:00~21:55)などさまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。http://www.rhymester.jp/

 

お悩み相談バナー
share
page top