検証シリーズ 検証シリーズ

【スマートスピーカー検証②】キッチンでどんなことできる? Google Homeにいろいろ話しかけてみた!

 

「OK Google」のかけ声でおなじみの、スマートスピーカー「Google Home」。前回は、スマートスピーカーに興味津々な女子部JAPAN(・v・)の部員さんと一緒に、リビングでできちゃうことを検証してみました。そして今回は、キッチン編!

毎日料理を楽しんでいる女子や、もっぱら食べるの専門!という女子も、キッチンまわりで「Google Home」はいろいろ使えるんです。どんなことができるのか、みんなで楽しみながら試してみました。

ちなみに、私たち編集部では「Google Home」のことを、愛を込めて「ぐーちゃん」と勝手に呼んでいます!

(テキスト:女子部JAPAN(・v・)あり)

【スマートスピーカー検証①】リビングでどんなことできる?  Google Homeにいろいろ話しかけてみた!

 

手が使えない時こそ、ぐーちゃんの出番!
冷蔵庫の残り食材でレシピも教えてくれる!?

声だけでさまざまな操作ができちゃう「Google Home」は、料理中で手が濡れていたり、汚れていたりする時にこそ大活躍。切ったり混ぜたりの料理をしながらや、煮込み料理の待ち時間など、頼れるアシスタントになってくれるんです。

部員さんの中にも、「キッチンにあると便利そう!」「作り方を教えてもらいながらケーキが作りたい!」「いろんなレシピが知りたい!」などの声が聞かれましたよ。

そして、キッチンで使える機能で一番気になるのが、レシピ検索ではないでしょうか? 私自身も毎日料理をするので、食材を前にしてスマホでレシピを検索しています。

そんな時に、「OK Google レシピを教えて!」なんて、声だけでスマートに操作ができたら便利! 今回は冷蔵庫の残り物からレシピを探してもらうという、ちょっと高度なお願いを。複数の食材からどんなレシピが作れるのか、そのアイデアをぐーちゃんからいただいちゃおうと思います。

OK Google 楽天レシピと話したい」

と言って、楽天レシピを立ち上げてみましょう。

レシピが立ち上がったら、

「OK Google 豚肉、白菜、もやしで何ができる?」

と聞いてみましょう。

すると、3つの食材を使ったレシピを教えてくれました。冷蔵庫で余った食材で何か一品できないかな…と迷った時に使えそうですね。

 

面倒な分量の再計算も
ぐーちゃんなら秒速で教えてくれる!

さらに、こんなことで困ったことはありませんか?
レシピが2人前での分量で表示されているけれど、作りたいのは3人前。すべての材料を1.5倍で計算し直しながら、計って、調理して…。これ、地味に面倒ですよね。

そんな時にも、ぐーちゃんにおまかせあれ。2人前のレシピから、3人前(1.5倍)の料理を作るために必要な分量を聞いてみましょう。

「OK Google、小さじ3の1.5倍は?」

すると、即座に小さじでの量を教えてくれます。

ほかにも、

「OK Googl、小さじ3杯は、何ミリリットル?」

なんてことも教えてくれますよ。頭の中で計算するのが面倒なことも、ぐーちゃんが代わりに答えてくれるんです。

 

複数のタイマーセットもお手のもの。
声だけで操作できるから、料理の手も止まらない!

料理上手になるには、タイムキープもポイント。しっかり時間を計って、ちょうどいい還元に調理することも大切ですよね。キッチンタイマーがあればいいのですが、スマホの時計アプリを使ってるという人もいるのでは?(私もそうです!)

でも、パスタを茹でる時間、具を煮込む時間、時にはカップラーメンを待つ時間など、いざ時間を測る時に、手元にスマホがなくて、調理の手が止まってしまうこともよくあります。

そんな時は、素早く反応してくれるぐーちゃんに声かけ!

「OK Google、7分タイマーセットして」

 これでOK。

タイマーがセットされ、7分後に知らせてくれます。

また、タイマーは同時にいくつか設定をすることも可能です。1つタイマーをセットしている最中でも、別のタイマーをセットすることができるので便利なんです。

今回の検証では、よく冷やした生クリームを5分間ひたすら振って、バターを作ってみました。
ぐーちゃんに向かって、

OK Google、5分タイマーセットして」

 これで、タイマーをセットします。

部員さんたち、ぐーちゃんのタイマーがなるまで、必死に生クリーム入りの瓶をフリフリし。これが、けっこうキツイ!

OK Google、タイマーはあと何分?」

なんて聞きながら、「あともうちょっと!」とがんばって、フリフリ。生クリームが変化して水分が出てきたら、それを捨てて再びシェイク!

さて、こんな感じでちょっと柔らかめのバターが完成しました!

 

日常の中でできることを体験してみると、
スマートスピーカーがより身近な存在に!

キッチン編の最後には、お好きな紅茶を選んで、スコーンとともにティータイム♪

紅茶を蒸らすために「OK Google、紅茶のタイマーを2分でセットして」と言ってみます。

スコーンには、ぐーちゃんおタイマーを使って、みんなでシェイクしてつくったバターを添えて。ぐーちゃんタイマーでちょうどよく蒸された紅茶とともにいただきました。みなさん、「こんなこともできるんだ!」「意外と簡単でびっくり!」「忙しい朝にも便利そう」とその便利さを改めて発見した様子。キッチンでの「Google Home」の活用法を体験できたことで、スマートスピーカーをより身近に感じてもらえたようです。

次回は、ベッドルーム編をお届けします!

 

★女子部JAPAN(・v・)では他にもスマートスピーカーにまつわる記事を配信中!

スマートスピーカーにまつわる記事はこちらでチェック!

 

share
page top