検証シリーズ 検証シリーズ

【スマホ決済検証】LINE友だちに送金もできる! LINE Payを使ってみた

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)のおぜきです。スマホ決済サービスについて、デジタルライターの綿谷禎子さんにあれこれ聞いてみて、さっそくわたしもQRコード決済に挑戦! いろいろなサービスがあるなか、どれを使うか迷っていたところ、普段から使用しているLINEアプリで使える「LINE Pay」のことを綿谷さんから聞き「それならば!」とはじめてみました。

(テキスト:女子部JAPAN(・v・) おぜき)

 

今まで気づかなかった!LINEアプリのはじっこに「ウォレット」の文字

「そもそもLINEのアプリの中に、そんな決済できる機能があったっけ?」とLINEを開いてよく見てみると、画面下部に「友だち」「トーク」「タイムライン」「ニュース」「ウォレット」の表示。「ウォレット」って、お財布のことですよね。ということで、一番右の「ウォレット」を押すと、さまざまなウォレット機能の一覧が表示されました!

わたし、以前キャンペーンかなにかで当たった20円の残高がありました! ここから、LINE Payに入金(チャージ)します。

画面上の金額横の「+」を押すと、チャージ方法の選択画面が表示され、銀行口座、セブン銀行ATM、QRコード/バーコード、コンビニなどの6つから選べます。

 

今回はコンビニチャージを選択。姓名とチャージ金額を入力する画面が表示されるので、名前とチャージしたい金額を入力します。初チャージなので、ドキドキしながら1000円を入力。

すると、受付番号・予約番号がLINEウォレットからLINEで届きます。この通知がきてから30分以内にコンビニ*で入金すればOK。

*コンビニ支払いによるチャージは、ファミリーマートのみで可能です(2019年1月現在)。
*コンビニでの入金方法の詳細は、LINEウォレットからLINEで届いたメッセージのヘルプを確認してみてください。

 

ファミリーマートのFamiポートで入金処理して、レジでチャージ完了!

ファミリーマートで、いざ入金! Famiポートを使って受付番号・予約番号を入力。入力が正しく行われるとレシートが印刷されるので、それをレジに持っていき、現金で支払えばチャージ完了です。

レジでの支払いは現金のみとなりますので、注意!
支払い後、しばらくするとチャージ完了のお知らせがLINEに届きます。

 

今回はお試しなのでコンビニでチャージしてみましたが、ちょっと面倒かも……。本格的に使うなら、銀行の口座を登録したり、それをオートチャージにして使うことも考えてみようと思います。

 

ローソンのレジで、初の「LINE Payで!」 簡単に支払い完了!

さっそくお店での支払いに使ってみましょう。LINE Payに対応している大手コンビニは、2019年1月時点ではファミリーマートとローソン、ミニストップ。ということで、今回はローソンで使ってみました!

普段いつもバッグに忍ばせているのど飴がちょうどなくなったので、のど飴をもってレジへ。店員さんに「LINE Payで」と支払い方法を伝えます。

LINEアプリを開いてスタンバイ。「ウォレット」画面の「コード支払い」を押すと、パスワード画面が出てきます。自分で最初に設定しておいたパスワードを入力。すると、LINE Payコードが表示されます。

この画面を店員さんにバーコードリーダーでピッと読み取ってもらえばOK。残高から支払い金額分が自動的に差し引かれました。

画面の一番下にある「コードショートカットを作成」をタップすると、LINE Payのアイコンをホーム画面に表示できるので、LINEアプリを開かなくてもダイレクトにコードを表示できるので便利ですよ。

※表示されているコードは一定時間が過ぎると無効となります。

チャージはちょっと面倒でしたが、支払いはとても簡単! これなら時間がないときの支払いも、小銭を探したり、お釣りを待ったりする必要もなく楽ちんですね♪

 

LINEの友だちに、あっという間に送金もできます!

LINE Payには、友だちや家族など、LINEの友だち相手に送金できる機能も。「○○円借りていたから、LINE Payで返すね〜」という感じで、現金が手元になくてもLINE上で簡単にやりとりができちゃいます。

※送金機能は、本人確認(銀行口座登録)を行わなければ使えません。

 

ということで、編集部員たけだが、「送金」機能を使って家族に送金してみました。お試しなので、まずは100円(笑)。簡単に送れちゃうので、ホイホイ送りたくなってしまうようですが、不必要に送るのは止めましょう(笑)!

 

LINE Payでは、割り勘機能が送金機能とはまた別にあるのですが、この「送金」機能でも金額を入力して送れるので、飲み会時などに小銭のやりとりをしなくてよくなるのは、かなりラクかもしれません。お酒を飲んで酔っ払っていると、お金の計算ややりとりもままならなくなることもありますが、LINE Payなら記録が残る点もありがたいですね。

 

LINEのスタンプは、LINE STOREなら買える!

LINEといえば、スタンプ!ということで、スタンプも購入しようとしてみたところ、LINEアプリからは、LINE Payを使ってスタンプを購入できないことが発覚! でも、ブラウザからLINE STORE(https://store.line.me/home/ja)にいけば、LINE Payでスタンプを買えます。

LINE STOREからなら、LINE Payで無事支払い完了! LINEアプリでダウンロードして、スタンプをゲットできました。

銀行の口座登録や自分がやりやすいチャージ方法を見つけるまでは「ちょっと手間かも~」と感じるかもしれませんが、一度登録してしまえばその後は簡単! 店頭での支払いは「コード支払い」か「コードリーダー」を選択して実行するだけ。今後、取扱店舗が増えてくれるとさらにうれしいですね。

LINE Payのコード支払いでは、2019年7月31日まで、通常0.5%のポイント還元率に3%がプラスされ、3.5%になるキャンペーンを実施中とのこと。このポイント還元率は、月々の利用状況によって変わる「マイカラー」のランクによっては、さらにアップするようですよ。

さらに、期間限定で20%ポイント還元やLINE STOREでのスタンプ購入がおトクになるキャンペーンなどを随時行っているよう。普段使うお店がLINE Pay対応なら、おトクなキャンペーン情報をチェックしつつ、LINE PayでのQRコード決済をはじめてみてはいかがでしょう。

share
page top